年末調整と確定申告の違いサイト

サラリーマンの医療費控除

年末調整を行っても、医療費が10万以上あれば、確定申告をすれば、税金が還付されます。

医療費控除とは、本人もしくは、生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費が対象になります。

領収書は、1年分大事に保管しなければいけません。

あと、風邪薬など薬局で購入したものも控除対象になりますので、領収書は1年分大事に保管
しなければいけません。

何か箱でもつくっておいて、医療費の領収書を入れるBOXを作っておけばいいかもしれません。

領収書を再発行してくれる病院もあれば、再発行してくれない病院もあります。

大事に保管しなければ、損しますよ。

高額医療や保険金が還付されたり、出産費用がかえった場合は、実際に支払った金額から、保険金額を差引き、その金額が10万以上あれば、還付できます。

医療費控除の算式は、実際に支払った医療費の合計額から保険金などで補てんされる金額を引いて10万をこれれば医療費控除が受けれます。

(ただし、所得金額の合計額が、200万円未満の人は5%の合計額

医療費控除は、簡単に自分で出来ますので、ぜひ挑戦してやってみてください。

基本的には、会社からもらった源泉徴収票があれば出来ます。

わからない場合は、税務署でも質問可能です。

インターネットでも申告書を作成できますので、小さいお子さんがいてなかなか外に出られなくても確定申告ができますので、安心です。