年末調整と確定申告の違いサイト

扶養の範囲で働く!

結婚して子供が幼稚園などにあがり自分の時間が持てるようになると、仕事を考えられる方も多いのではないでしょうか。

仕事を働くにあたり、今までご主人さんの扶養に入られていたのが、外れるのか心配になりませんか。

ご主人さんの扶養に入れる収入は、103万円です。

月の収入が8万5千円ぐらいです。

合計所得金額とは、収入金額から65万円を引きます。

合計所得金額が、38万以下なら”配偶者控除”38万円が控除対象になります。


これからお仕事を探されるのなら、面接に行く時に、扶養の範囲内で働きたい!と、相談すべきです。

パートの方が多い会社もありますので、そういう会社で働くと気が楽かもしれません。

パートだと、毎月金額が多かったり、少なかったりしますね。

年末に103万円を超えそうだったら、ちょっと休んだりして調整してくれる会社もあります。

でも、そういう調整もしてくれない会社もありますので、会社選びは重要です。

扶養の範囲を外れると、奥さんも年末調整をしなければいけません。

所得税を払う必要があります。


扶養の範囲内で働くと、収入は少ない。

収入は多いが、扶養に入れない。

あなたは、どちらを選びますか?

よく考えられて、決められたらいいですね。

ちょっとしか働く時間がなければ、扶養の範囲内で良いかもしれませんね。


年末調整とは別に、健康保険の「被扶養者」でいるためには、今後勤務しようとする先での収入を1年間に換算し130万円未満とする必要があります。